第6回「国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞」表彰式  
2011年7月21日(木) 受賞者 河村 照子さん


 第6回受賞者は芦屋市在住の河村照子さん。両親教育インストラクタ―の資格を持ち芦屋を中心に兵庫県阪神間で幅広い世代の教育サポーターとして活躍するとともに、地域の伝統芸能の伝承など幅広い分野で活動。「カルガモクラブ」と「バンビグループ」では芦屋市の集会所でそれぞれ週2回づつ、新米ママと乳児、幼児を対象に子供の成長に合わせた教育指導や育児相談を行う。兵庫県の依頼で開設した「まちの寺小屋」では、幼稚園児・小学生を対象に放課後の時間を利用し、読み聞かせ、読書、昔遊びの体験、社会のルールや礼儀作法などを指導。人形劇「ラッキーの家」では代表として人形劇の出前出演、伝統芸能の伝承と継承者の育成などを行うとともに大学生・ 高校生と幼稚園児・小学生が交流する場を提供。
このような育児・教育に対する幅広い活動は地域・行政から高く評価されている。子育てのリーダーとしての貢献を評価し、第6回「国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞」に選考、2011年7月21日(木)に表彰式を開催し表彰状と副賞を贈呈した。
受賞者 河村 照子さん

山中会長と河村さん

このウインドを閉じる