第7回「国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞」表彰式

受賞者 チャンス・フォー・チルドレン関西

 阪神淡路大震災をきっかけに災害による子どもたちの学力格差をなくし、健全な成長を手助けすることを目的として設立された日本初の学生主体のNPO法人として「NPOブレーンヒューマニティ」の「子どもの貧困撲滅プロジェクト“チャンス フォー チルドレン”」は生活保護家庭の子どもたちに対して、塾、予備校などで利用できるバウチャー(クーポン)を提供する活動を2009年に始め、2010年度から関西地区で提供を開始した。そして、2011年の東日本大震災をきっかけに一般社団法人「チャンス・フォー・チルドレン(CFC)」を学生時代ブレーンヒューマニティで活動した卒業生らが設立し、自らの阪神大震災の記憶から「震災で子供たちが将来の夢をあきらめることがあってはならない」という思いから関西と仙台に事務所を作り夫々クーポンの支給活動を始めている。
 2012年度関西では4名、東北では204名ににバウチャーが提供された。
 私たちは、地域の子供たちに教育の格差をなくし夢に向かって健全に成長するために活動するこの団体「CFC関西」を称えるとともに、益々発展することを期待して第7回受賞団体に選考した。
 表彰式ではCFC関西 代表理事 奥野 慧氏に表賞状と副賞を贈呈した。


CFC関西 代表理事 奥野 慧氏さん




このウインドを閉じる